骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • スポーツ中に
    転倒して
    手首を
    骨折した

  • 突き指をした後
    患部が強く
    腫れてきた

  • 骨折から
    できるだけ
    早くスポーツ
    復帰したい

  • 骨折の正しい
    対処法を
    知りたい

適切な処置で骨折からの早期復帰を目指しましょう

骨折はスポーツ現場や突然の事故などでみられるケガです。

処置が遅れるほど痛みが長引き、回復にも時間がかかることが考えられます。

早期回復を目指すためにも骨折への適切な対処を行っていきましょう。

こちらのページでは、骨折の原因や症状、対策(処置・予防)を分かりやすくご紹介しています。

骨折改善メニュー Recommend Menu

骨折の原因や特徴的な症状について

骨折は、骨の連続性が断たれてしまったケガのことを言います。
骨折を判断した際に、早急な処置ができるよう、骨折の原因と特徴的な症状をこちらで詳しくご紹介していきます。

 

【骨折の程度による分類】

 

●完全骨折

骨の連続性が完全に断たれ、離れてしまった状態を言います。

●不全骨折

骨が部分的に損傷した状態です。亀裂、陥凹、ヒビなどがみられます。

 

【骨折の種類・原因】

 

●外傷性骨折

大きな外力を受けることで発生した骨折です。
スポーツでの衝突、転倒や日常中の転倒、転落、事故などが原因として挙げられます。

●疲労骨折

骨の一部に繰り返しの外力が加わることで発生した骨折です。
ランニング、ジャンプ動作、ゴルフスイングなどによって起こることがあります。

●病的骨折

病気が原因で骨が弱くなり、わずかな外力によって発生した骨折です。
骨粗鬆症、がんの骨転移、骨腫瘍といった病気により起こることがあります。

 

【骨折の症状】

 

●一般外傷症状

・疼痛

骨折した部位を中心に強い疼痛があります。

・腫脹

内出血によって患部が腫れてきます。

・機能障害

痛みと腫れによって関節運動に制限が出ます。

 

●固有症状

・異常可動性

骨が完全に折れている場合、関節以外の場所で骨が大きく動くことがあります。

・軋轢音

骨同士がぶつかることで「ゴリゴリ」「ゴツゴツ」とした、軋轢音を触知することがあります。

・転位と変形

折れた骨が移動することで、屈曲捻転短縮といった変形がみられる場合があります。

●全身症状

・ショック症状

出血量が多い場合、体内の循環バランスが乱れてショック症状が起こることがあります。
顔面蒼白、チアノーゼ、手足の冷え、頻脈、虚脱感などが挙げられます。

・発熱

骨折血腫が吸収される際、37〜38度ほどの発熱症状がみられることがあります。

 

【特徴的な局所症状】

 

これがある場合は骨折、と断定できませんが、骨折時には次のような局所症状がみられる場合があります。

●限局性圧痛

骨折した箇所に、ピンポイントで圧痛がみられます。

●介達痛

患部から離れた箇所より振動や軸圧、牽引を加えると、骨折部に痛みが響きます。

 

【骨折の併発症】

 

骨端や骨片によって、周辺の組織を損傷してしまう場合があります。

・関節損傷
・筋、腱など軟部組織の損傷
・血管損傷
・末梢神経損傷

などが挙げられます。

骨折が疑われる際の対処法と予防法

転倒や衝突、事故などによって骨折が疑われる場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

こちらでは、外傷の応急処置として重要な「RICE処置」を中心に、骨折への処置・予防方法を分かりやすくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

・Rest(安静)

損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。

・Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるため、患部を袋に入った氷水で冷却します。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置をしましたら、素早く医療機関や整骨院・接骨院に行って、専門的な処置(整復・固定)を受けてください。

時間が経過するほど痛みが取れにくくなり、周辺の緊張によって整復が難しくなってしまいます。

 

【骨折の予防】

 

●無理な接触を避ける

衝突、転倒によって、骨折のリスクが高まります。

コンタクトスポーツでは、無理な接触はなるべく避けるようにしましょう。

●筋力トレーニング

スクワットや腹筋、背筋トレーニングなどで体幹の筋力を鍛え、転倒しにくい身体づくりをしましょう。

 

【骨折の過程】

 

●炎症期

負傷直後の炎症が強く出ている時期です。

●仮骨形成期

仮骨が形成され、骨の修復が開始される時期です。

●仮骨硬化期

仮骨の強度が増してくる時期です。

●リモデリング期

仮骨が本来の骨に再造形される時期です。

五香中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折は骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態を言います。

つまり折れたりヒビが入った状態です。

スポーツや日常生活で転倒したり強くぶつけたりなどして患部に直接強い力が加わり起こるものと、反復性に刺激が加わり折れてしまう疲労骨折などがあります。

当院ではエコーなどを使用しながら患部の状態を調べていきます。

検査の結果、骨折の疑いがある場合は応急処置(整復、固定、アイシング)を行い、適切な医療機関へご紹介をさせていただきます。

経過に応じて「テーピング」「包帯固定」「装具固定」を行い、再度受傷しないようにしていきます。
(骨折直後は応急処置を行い一度医療機関をご紹介します。
その後、当院で施術を継続する場合は医師の同意が必要となります。)

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活におけるケガに対する施術です。
人が本来持っている自然治癒能力を高めるために行います。電気療法、温熱療法、アイシングなどを行います。

 

■特殊固定具

骨折や脱臼、捻挫、その他外傷によって患部の安静保護が必要な場合に使用します。
特殊な樹脂や金属、厚めの紙などさまざまな素材があります。
これらの固定具を使用し包帯でしっかり固定を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を患部に流していきます。
痛みの軽減を促すことや、治癒能力を促進させる効果が期待できます。
また、神経に作用することで身体の反応を促進や抑制させる効果も目指せます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

専用のリリースツールを使用して筋膜のシワやゆがみの改善を目指します。
筋膜のシワが取れることで身体運動がスムーズになり、施術部位の体液循環(血液、リンパ、脳脊髄液など)の改善も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:岩山 智一
(イワヤマ トモヒト)
出身:鹿児島県与論島
血液型:O
趣味:フットサル、1人カラオケ 
好きな食べ物:からあげ
一言:こうみえて南国育ちです。
仕事中はたまになまります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:五香中央整骨院
住所〒270-2261 千葉県松戸市常盤平5-18-6
最寄:五香駅から徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】五香中央整骨院 公式SNSアカウント 五香中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】五香中央整骨院 公式SNSアカウント 五香中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】五香中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中