肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 歩けない
    ほど太もも
    が痛む

  • 肉離れが
    再発した

  • スポーツ中に
    激痛があった

  • 痛みで歩けない

肉離れはスポーツ時に多くみられるケガです

肉離れを引き起こすと、中長期的に動きが制限され、

身体を動かすことが難しくなります。

 

一生懸命にスポーツに取り組むためにも、

予防することが非常に重要です。

 

こちらでは、肉離れについての特徴・原因、

予防法・対処法についてご紹介します。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れが起こりやすい場面や、その原因について

肉離れは一般的にスポーツ中に起こることが多い傾向にありますが、どのような動作・行動によって引き起こされるのでしょうか。

こちらでは、肉離れついて原因や症状をご紹介しています。

 

【肉離れを引き起こす原因】

 

肉離れは筋肉の強い収縮や、過度に引き延ばされることで筋肉が断裂する状態を指します。

肉離れを引き起こす具体的な行動例などは次のようなことが挙げられます。

・運動不足

運動不足になると筋肉は柔軟性を失い硬くなるため、肉離れが生じることがあります。
その状態で運動をすると、硬くなった筋肉が急な動きに耐えられず、肉離れに繋がると考えられます。

・ストレッチ不足

スポーツ前に十分なストレッチやウォーミングアップを行わないと筋肉がほぐれず、スポーツの動きによる収縮や伸長によって筋肉が断裂することがあります。

・水分不足

スポーツ中にこまめに水分補給をしないと、身体の中の水分は減少してしまいます。
身体の水分が失われることで筋肉の柔軟性が低下し、硬くなるため、激しい動きによって肉離れが発症する場合があります。

 

【肉離れの特徴】

 

実際に肉離れを発症した時には「ブチッ」という音が生じることが特徴として挙げられます。

また、肉離れは太ももやふくらはぎに多くみられる傾向があります。

主な症状については次のようなことが挙げられます。

・激しい痛み

肉離れの程度によって異なりますが、歩行が可能である場合や、安静にしていても激しい痛みが生じる場合があります。
「患部に力を加えた時」「圧迫した時」「伸ばした時」などに痛みの症状がみられます。

・腫れ

患部に内出血などもみられ、大きな腫れが生じることもあります。

肉離れを起こさないために事前の準備でリスクを軽減しましょう

肉離れの予防として、スポーツを行う前に筋肉の柔軟性を高めることが重要です。

こちらでは、肉離れを引き起こさないための予防法や、発症してしまった際の対処法についてご紹介しています。

 

【肉離れの予防法】

 

肉離れは筋肉に柔軟性がなく、緊張がみられるときに発症しやすいとされています。

・ストレッチ

スポーツを行う上で、ストレッチは必要不可欠と言えます。
ストレッチをせずに急な運動を行うと、肉離れだけでなく多くのケガに繋がりやすくなります。

肉離れは太ももやふくらはぎに多くみられるため、下半身を中心にストレッチを行うことがおすすめです。

・テーピング

テーピングを使って筋肉をサポートすることで、ケガの予防が期待できます。

・十分な水分補給

水分不足は筋肉の柔軟性の低下を招くことが考えられます。
そのため、スポーツを始める前やプレイ中にも十分な水分補給を行いましょう。

 

【肉離れの対処法】

 

予防を意識して行っていても、ケガをする可能性はあります。
その際は正しい対処法を行い、ケガの早期回復を目指していきましょう。

誤った処置を行うとケガが悪化したり、回復が遅くなったりするため、適切な対処法を知ることが大切です。

●RICE処置

肉離れを引き起こした際、RICE処置を行うことが一般的です。
RICE処置とは「Rest:安静」「Icing:冷やす」「Compression:圧迫」「Elevation:患部を高く挙げる」の頭文字をとった応急処置法です。

・Rest:安静にする

ケガを発症した際にまず安静にすることが重要です。
無理に動いてしまうと炎症を悪化させることがあります。

・Icing:冷やす

患部を冷やすことで一時的に血液の流れが滞り、痛みの原因でもある炎症を抑える効果が期待できます。
氷や氷のう冷水につけたタオルなどを使用して患部を冷やすよう図りましょう。
ただし、長時間冷やしすぎると凍傷の危険があるため、20~30分を目安に行いましょう。

・Compression:圧迫

患部にテーピングサポーター包帯などを使用して患部の圧迫を図りましょう。
きつく圧迫しすぎるとしびれや変色に繋がることがありますので、注意が必要です。

・Elevation:患部を高く挙げる

患部を心臓よりも高い位置で保つようにしましょう。
腫れを抑え、痛みの緩和が期待できます。

●肉離れを起こした際にしてはいけないこと

・入浴

入浴によって血行が良くなり患部の炎症が拡大すると考えられます。
ケガをした際には軽めのシャワーなどに留めておきましょう。

・アルコールの摂取

アルコールを摂取することにより、水分の低下や血流が良くなりすぎてしまうことが考えられます。
症状の悪化や改善の遅れに繋がりやすくなるため、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。

五香中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

筋肉の再生や固まった状態を改善することで肉離れの早期改善が期待できます。

当院ではまず「ハイボルト療法」「アイシング」を行います。
また、痛めている筋肉を「テーピング」によって動かないように固定します。

ただし、固定してしまうと全体的に筋肉が硬くなってしまい動かしづらくなるので、「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「ドレナージュ(DPL)」「ハイボルト療法」「超音波療法」「骨格矯正」によって周りの筋肉が動くように緊張を緩めます。

また、施術後の予防にも力を入れています。
「トレーニング」「生活へのアドバイス」を行い、最短の復帰、コンディション維持をサポートします。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活におけるケガに対する施術です。
人が本来持っている自然治癒能力を高めるために行います。電気療法、温熱療法、アイシングなどを行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を患部に流していきます。
痛みの軽減を促すことや、治癒能力を促進させる効果が期待できます。
また、神経に作用することで身体の反応を促進や抑制させる効果も目指せます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

人の身体には「気血」というエネルギーがあります。
経穴やツボにアプローチすることで血液循環の改善を目指し、エネルギーが整いやすくなる効果が期待できます。

 

■テーピング

日常生活やスポーツシーンにおける筋肉のサポートテープや、外傷時に患部を固定するものまで目的に応じて貼り方を変えます。
素材や色もさまざまなのでお好みの物をお選びいただけます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

専用のリリースツールを使用して筋膜のシワやゆがみの改善を目指します。
筋膜のシワが取れることで身体運動がスムーズになり、施術部位の体液循環(血液、リンパ、脳脊髄液など)の改善も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:岩山 智一
(イワヤマ トモヒト)
出身:鹿児島県与論島
血液型:O
趣味:フットサル、1人カラオケ 
好きな食べ物:からあげ
一言:こうみえて南国育ちです。
仕事中はたまになまります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:五香中央整骨院
住所〒270-2261 千葉県松戸市常盤平5-18-6
最寄:五香駅から徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】五香中央整骨院 公式SNSアカウント 五香中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】五香中央整骨院 公式SNSアカウント 五香中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】五香中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中